お豆の炊き込みご飯 - 50代のおばはんアンテナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お豆の炊き込みご飯

FullSizeRender (19) FullSizeRender (20)

こんにちは♪バナミです。最近お豆の炊き込みご飯に凝ってます。

お豆だけのものよりも雑穀入りが気に入ってます。
ご飯に混ぜて炊く好きな雑穀は、アワ、ヒエ、キビ、麦、豆ではダイズ、アズキなどです。
最近単独で炊いても美味しいと思っている雑穀にキヌアがあります。
キヌアの話はたくさん書きたくて、それだけでひとつ記事になるので後日ということにしますね。

今日はこのだだちゃ豆ご飯を炊きました。
「だだちゃ豆」っていう特別な豆ではなくて、普通の「枝豆」です。「だだちゃ」っていうのは庄内地方の方言のようで、「おやじ」という意味だそうです。庄内地方というのは山形県の日本海沿岸地域です。

(豆と東北つながりでついでに書いておきますと、東北地方の「ずんだ」っていうのは枝豆かそら豆をすり潰したものですね。)


そういえば、前に「秘密のケンミンSHO」で「豆ご飯」のことが放送されていましたね。
私の出身地(関西)の方では春先になったら『豆ご飯』を食べるのが恒例行事でした。
このときの豆をグリーンピースだと思っているかたが以外に多くてビックリなんですが、私は違うと思います。

関西で豆ご飯というと「うすいえんどう」の豆ご飯のことでして、
この「うすいえんどう」がなかなかの高級豆なのですよ。大阪府羽曳野市碓井(うすい)で作られる豆です。

楽天でお取り寄せができるようで見てみたら結構高くて買いませんでした。
関東で暮らすようになって、長いこと本当の豆ご飯を食べていません。


そんなバナミがこのところハマっているのがこの「だだちゃ豆ごはんの素」のような、
「○○ご飯のもと」シリーズの、特に豆関係なんです。
だだちゃ豆ご飯の出来上がりはこんな感じです。ちなみにこれ、バナミの本日の昼ごはんです。

IMG_2271.jpg

おいしそうでしょう?
炊飯器に米と一緒に入れて、いつもより少し多めの水を入れて炊くだけです。
手軽なんですが、食事の献立を一つ余計に作った気持ちになりますね。
品数は増えないんだけど。

豆ごはんや○○ご飯で、うちでは鶏肉とゴボウを入れた炊き込みご飯や、五目ご飯、きのこご飯、栗ご飯などをよく食べています。
もちろん白いご飯も好きなんですけどね。

こういうご飯をたくときには、炊飯器の「おこわスイッチ」は便利ですよね。
でも『おこわ』は本来もち米ですけどね。炊き込みご飯をおこわ風に炊いて食べるときに使うと良さそうです。
白米をいかにもちもちに炊き上げるかってことでしょうね。

日本人だけでしょうね、きっと、〇〇ご飯にこんなに凝ってしまうのって。
バナミは今日もスーパーでご飯の素シリーズを見てこようと思います。新作を見つけたらゲットかも知れません。

ではでは今日もお読みいただきありがとうございます。
このブログに応援をお願いいたします。
あなたのポチを励みに更新してまいります^^


にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ




スポンサーサイト
いつもお読みいただきありがとうございます。あなたの応援が更新のはげみになりますにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。