中村獅童さんも一緒でした - 50代のおばはんアンテナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村獅童さんも一緒でした

IMG_2333.jpg

昨日バナミは新橋演舞場に「阿弖流爲(アテルイ)」を観に行ってきました。

アテルイ役は市川染五郎さんです。
2階のお食事処かべすでは、この公演限定メニューとして「染~めん五郎(そーめんごろう)」なるものが!
バナミは幕間には三越で買っていったマクロビ弁当をたべましたけど。(相方は浅草今半のすき焼き弁当)

今回お芝居のなかみも面白かったけれど、入り口で配られたコレがバナミには興味津々!
IMG_2332.jpg

「二幕目が始まる前までに腕にお巻きください。お芝居のエンディングで自然に光ります。
光りましたら手をあげて一緒に蝦夷の星空を作りましょう。※少しだけ腕を揺らすとなお良いです。」

と書いてあります。

楽しかったですよ~。
夜空を作るという演出で、舞台で演じる側と私達お客さんとの一体感が出ていました。
光った、光った~、なんて子供のように喜んだりして
劇場のお客さんみなさんの腕が白と青の2色にチラチラと点滅して見事な星空を作ることが出来ました。


そしてそして、

バナミは二階席でしたが、舞台が始まる前に一階を上から眺めていたら、そこに中村獅童さんのお姿を発見しました。
お隣は奥様かな?
やはり獅童さんはオーラを消そうとしても消えない感がありましたねぇ~♪

中村獅童さんといえば、
9月の「あらしのよるに」が楽しみですが、京都四條南座は遠いなぁ~というのと、今月と9月続けてお出かけはちょっと贅沢!?、という感じで、きっと観られないです。


きむらゆういち原作の絵本「あらしのよるに」は、ベストセラーで教科書にもなっていますね。


獅童さんは、「NHK教育テレビ絵本 あらしのよるに」(2002年)で、ナレーションをしましたよね。
そして、映画「あらしのよるに」(2005年)においても主人公のオオカミ、ガブの声優をつとめました。
バナミも大好きなこの映画はアニメではヒットしたほうでしたね。
↓↓DVD、観たくなりました~~♪成宮寛貴さんも出てますからね。




さて、話は阿弖流爲にもどって、、、(えー、めっちゃ脱線してたがな!)

第一幕のあらすじはほぼこちらの記事に書いたとおりでしたが、その続きがなんと想像とはちがっていまして、
どんでん返しがあったりと、とても楽しめるお話になっていました。

登場人物の人格がクッキリと描かれていて、どの人にもその人なりの事情をかかえていて、
なんとももどかしいというか、、、

バナミ的には最後の戦いの必要性が疑問であり、相方ともその点で意見が一致していました。
観劇の楽しみは帰りに感想を語り合うことでもありますよね。
脳のいつもと違うところを使っている気がしますし、とてもリフレッシュになっている気がします。

また半年後くらいには観劇の予定を入れたいです。


今日もお読みいただきありがとうございました。
このブログに応援をお願いいたします。
あなたのポチを励みに更新してまいります^^


にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ



スポンサーサイト
いつもお読みいただきありがとうございます。あなたの応援が更新のはげみになりますにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。