五感で日本を感じること - 50代のおばはんアンテナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五感で日本を感じること

haan20150720.jpg
こんにちは。バナミです♪

今日は、恒例の(?)100糞de名著のレビューです。(先週の回)


八雲の作品は「耳の文芸」と言われているそうです。例えばこのような箇所です。
松江に到着したばかりの八雲が、宍道湖のそばにある旅館で迎えた朝の様子だそうです。
松江の一日は
寝ている私の耳の下から
ゆっくりと大きく脈打つ
脈拍のように
ズシンズシンと響いてくる

大きな振動で始まる
柔らかく鈍い
なにかを打ち付けるような
大きな響きだ

その間の規則正しさといい
包み込んだような
音の深さといいおとが聞こえるというよりも
枕を通して振動が
感じられるといった方が
ふさわしい

それは米を搗く(つく)
重い杵の音であった


この部分を読んだだけで音が聞こえてきそうに感じます。
それと同時に「米」が生活に密着したものだということも表されていますね。

食文化の表現を音で表せるなんて、思ってもみませんでした。
八雲が目がわるかったことも、こういった豊かな表現の助けになっているのかもしれませんね。

目で見る情報と聞くことによる情報との違いも感じます。



次は夕暮れ時を表現している文章です。

暗闇の中に 洞光寺のやわらかい梵鐘の音が
轟いている

それからお酒で
ほろよい気分になった人たちの歌声が聞こえてくる

夜の物売りも
朗々と声を響かせている

うどんやーい
そばやーい

温かい蕎麦を売る商人が
最後のひと回りを
しているところだ

橋の上を行き交う
無数の下駄の音が
木霊し合っている

東の空から 新たな光が
昇ってきた

山の頂の背後から
とても大きくて不気味な
青白い月が 白い靄の中を
抜けて出てきたのである


full-moon-595653_640.jpg

八雲は、音や声から日本文化を体感していたのですね。
これを読むだけで、バナミもまるでそこに居たかのような錯覚に陥ります。

内側から入ってくる、というような感じなんです。
見たことをそのまま伝えるのとは違っています。


それと、日本人の微笑についても書かれている興味深い部分があります。

日本人が言うところの
「怖い顔」をした外国人たちは
「日本人の微笑」が嘘をついている
証拠ではないかと
怪しんでいるのである

っていうところ。
私は不思議に感じました。
日本人っていつもそんなに微笑んでいますか?

八雲の時代にはそうだったんでしょうか。
今日本人も変化していて、そうそう微笑んでいるようには私は感じません。

八雲は『自己を押し殺しても礼節を守ろうとするギリギリの表現』とも言っています。
バナミは、逆に、日本人は表情自体が乏しいようには思いますけれど。
礼節を守ろうとする、とは空気を読むということでしょうか、
そう考えると、我慢して表情を表に出さないことっていうのは、まぁ、ありますよね。

そのあたりは礼儀やお行儀のようなことなのでしょう。
道徳観を表しているとも言えます。

鎌倉の大仏様も微笑んでいるけれど、それを例えばイギリス人が見た場合、不気味ですらあったわけですが、
それは「こころの安らぎを表している」というふうに言っていただけて、日本人としては有りがたく思います。


八雲は、庭の自然石の美しさについても分析しています。
松が常緑であることに対しても、「不屈の志や、年をとってもなお精力的である老年の象徴」とまで書いていただき、
恐れいります。いえ、なんだか褒めて頂いているように感じてしまって。

ゆずり葉についても、新しい葉が成長するまでは下の葉が落ちないことを、親と子供にたとえていたり、と
本当にやさしくて鋭い感性に感動します。
yuzuriha201507.jpg

石や植物が美しく配置された日本の庭、というものをバナミは最近見ていないなぁ、と改めて思います。
なかなか庭を愛でるなんていう機会はありません。

あぁ、景色や文化や人を賞賛して暮らすなんて、そんな生活をしていたら、
心がきれいになっていきそうです。
否定から入っては何事も生まれませんね。

ふだんの生活に役立つヒントがたくさんありますね。
微笑み、賞賛、すっかり忘れて過ごしてしまわないようにしたいと思います。



今日もお読みいただきありがとうございました。
このブログに応援をお願いいたします。
あなたのポチを励みに更新してまいります^^


にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ


スポンサーサイト
いつもお読みいただきありがとうございます。あなたの応援が更新のはげみになりますにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。