カナダ政府がギフテッドと認定した日本人 - 50代のおばはんアンテナ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナダ政府がギフテッドと認定した日本人

ookawashoseki002.jpg


こんにちは。バナミです♪

カナダ政府によってギフテッドと認定されたという日本人の青年の話をネットでみつけました

ギフテッドというのは「天才児」という意味だそうです。
認定されたとき、彼は9才でした。そのときは青年というよりは男の子と呼ぶべきだったのでしょうか。

大川翔さん、2000年生まれ?今はもう15才の青年ですね。

学校の先生からの推薦があり、何度かテストを受けて認定に至ったとのこと。
カナダは教育に関してユニークな制度があるんですね。

翔さんは、去年、なんと14歳でカナダの名門大学(それも5校も)に合格したそうです。
そして、
その各大学は、高額な奨学金を出して世紀の天才を獲得しようとしたとか。
大学の名を挙げるチャンスですもんね!

カナダでもこれは大きな話題になったようですね。


いったいどうすればこんな天才児を育てることができるのか、
バナミは母目線で彼の家庭の様子がとても気になりました。

以下ネットに出ていたインタビュー記事の内容をかいつまんでご紹介します。


翔さんがカナダに住むようになったのは、ご両親のお仕事の都合だそうです。彼が5才のときでした。
12才の時点ですでに飛び級という制度によって高校生になっちゃいます。スゴイ
日本ですと、小学校6年生ですね~。

去年6月に、14才で高校を卒業して、9月にはブリティッシュコロンビア大サイエンス学部に進学

そして、今年の1月、カナダ政府からカナダ総督アカデミック・メダル賞という名誉ある賞を受賞しました。

それからなんと、4月の時点で大学1年生のカリキュラムを終了しちゃいます。
日本と違って9月始まりだから、今年の秋には大学2年生!??


翔さんの通っていた高校では、得意科目は先に進んでよいシステムがあったそうです。
高校は学年のはじめに1年間のカリキュラムをもらって、自分のペースで進めることが出来るとか。

テストに合格したら1年間の内容を2ヶ月とかで終了させることも可能。
たしかにこのシステムだと、勉強が得意な生徒はどんどん先に進めますね。

12才のときには中学受験して渋幕に合格したらしいから、
そうとうアタマ良いですよっ!
あ、渋幕っていうのは、千葉の幕張にあって、正式名称が長いから受験生も在校生もこう呼ぶことが多いです。
ちなみに正式名称は「渋谷教育学園幕張中学校」です。

このとき、ご家族で相談して、カナダの飛び級制度を選んだそうです。
なるほど~チャンレンジですね。
保守的な考えが一般的な日本とは違う、一歩前に出るというカナダの文化を選んだのですね。


カナダでは、ボランティア活動などの地域活動を積極的にやることで認められるというのもあり、
翔さんは、カナダの小学生に日本語を教えるサマーキャンプを企画したこともあるそうです。
そのときは30人も集まったそうですから、カナダ人の小学生は日本に興味がある子も多いのかな?

それから翔さんは生徒会役員の立候補して、当選したり・・・、本当に積極的に活動していますね。


私がこのインタビュー記事を読んで感銘をうけた箇所は、
彼の座右の名が「青年は決して安全な株を買ってはならない」(ジャン・コクトー)
ということろでした。

すばらしい!!ま、ジャン・コクトー自体、名前を聞いたことがある程度のバナミには、
この言葉の深いところはわからないですが、
若者たちに対して、
決して守りに入らず、チャンレンジしていくことをすすめているのではないでしょうか。

ここで、せっかくなので、
ジャン・コクトーのWikipedia情報↓↓(^^)
2015-08-24_11h35_31.png

さて、
そんな無敵に思える翔さんには、ひとつ困っていることが有ります。
それは、ダンスパーティーのパートナーが見つからないこと。

微笑ましい・・・

まぁ、日本人がわんさかいる地域でもないうえに、
周りの学生は3才年上のお姉さま達ですからね。

でも、別の学校の同じ年の女性が名乗りでてくれて、
無事にダンスパーティーをクリアできたそうです。パチパチ


そうそう、翔さんは5歳のころは、英語以外の母国語を話す人の英語クラスのなかで、
成績はふるわなかったそうですが、
徐々に出来るようになっていったそうです。

その秘訣は!??←←マジでめっちゃ知りたいバナミ

「相手が子供でも、大人のように話しかけること、
本を読み聞かせること」

だそうです。

わ、私、やってみたいです。それ。
そうだ、ブログ作ろう~「英語上達日記~バナミのチャレンジ~」(仮題)
いや、これ、真面目に悩んでいたから・・・

英語、さっぱりダメなんですよ。
読み聞かせってことは、要は、絵本などの単語数の少ない本から声に出して読む、
ってことで良いのでしょうか?

こちらの★50代のおばはんアンテナ★の更新が今以上に少なくなっては、
ブログ順位が心配過ぎるけれど、
やりたいことを見つけたら、やってみるべし!デス
英語、できるようになりたいですから。


あ、話が逸れました。


翔さんのお母様が書いた本も、今とても売れているそうです。
2015-08-24_12h09_13.png

きっとこの中に、天才児を育てる秘訣が満載なんでしょうね~♪
バナミもさっそくよんでみたいと思います。


大川翔さんのブログです→http://canada7.blog.fc2.com/
(彼の人柄が出ていて、とても楽しく拝見しました♪)


今日もお読みいただきありがとうございました。
このブログに応援をお願いいたします。
あなたのポチを励みに更新してまいります^^


にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ


スポンサーサイト
いつもお読みいただきありがとうございます。あなたの応援が更新のはげみになりますにほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
コメント
非公開コメント

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。